リンダ グラットン

次の25件   (1件目〜25件目) 全件31件

書籍 USERS 顧客主義の終焉と企業の命運を左右する7つの戦略/ア...

USERS 顧客主義の終焉と企業の命運を左右する7つの戦略アーロン・シャピロ(著)、萩原 雅之(監修)、梶原 健司、伊藤 富雄(翻訳)出版社: 翔泳社(2013/9/3)Amazon.co.jp:USERS 顧客主義の終焉と企...

どのように仕事を通じてこの世界に向き合い、世界からの問いに答...

私たちはなんのために働くのか 「働く意味」と自分らしい働き方を考えるposted with ヨメレバ諸富 祥彦 日本能率協会マネジメントセンター 2013-09-21 Amazonで購入Kindle楽天ブックスで購...

書籍 人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成...

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する! TO SELL IS HUMANThe Surprising Truth about Moving Others ダニエル・ピンク(著)、神田 昌典(翻訳) 出版社:講談社(2013/7/...

未来の働き方を考えよう

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる(2013/06/12)ちきりん商品詳細を見る満足度★★★付箋数:20  「次の10年間で、私たちの働き方は大きく変わるでしょう。  それは今、20代の...

2013年7月に読んだ本(21冊)

今月もover20冊読んでしまいました。何と言う事でしょう。あの暇だった学生時代ですら毎月20冊を読むのは一苦労だったのに。文字通り、本当に速読おやじになったのか、それとも読みが甘いのか...

『ワーク・シフト』 リンダ・グラットン 書評178(4)

本書を形成したワーキング・グループは結局現在時点で成功しているパワー・エリートな訳だ。つまり、現在あるいはこれから資産の形成ができる人たちだ。そんな人たちの子供が2025年に付く職...

『ワーク・シフト』 リンダ・グラットン 書評178(3)

発表者によれば、「中堅、中核となるべき日本の30代、40代のビジネスマンは本当に疲れ果てている。報酬の改善への期待も少なく、雇用への危機感は増している」そんな状況があるので、「本書...

『ワーク・シフト』 リンダ・グラットン 書評178(2)

100人のビジネス・エリート達は、「自分たちの子供が2025年にどのような職環境にあるか」ということを前提にして討議したそうだ。グラットン教授が本書でまとめ上げた、グループの想定は...

『ワーク・シフト』 リンダ・グラットン 書評178(1)

プレジデント社、2012年刊。著者はロンドン大学ビジネススクール教授。ロンドンで100人以上のエクゼクティブが参加したワークショップでの成果物とのこと。そのワークショップには、イギ...

読書日記423:未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる ...

タイトル:未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる作者:ちきりん出版元:文藝春秋その他:あらすじ----------------------------------------------IT化やグローバリゼーション、人生...

【開催報告】『機械との競争』|名古屋で朝活!!朝活@NGO

『機械との競争』E.ブリニョルフソン、A.マカフィー(著)『機械との競争』が今朝の課題本。ペーパーバックを意識した変わった装丁ですが、先日の東洋経済ON LINEでも紹介されていました。IT...

【開催報告】『7つの習慣』(藤が丘)|名古屋で朝活!!朝活@...

7つの習慣―成功には原則があった!藤が丘の朝食読書会はスタバで開催。スタバのライトノートが朝は美味しいですね。お店の皆さん、いつもありがとうございます。今月は4か所とも『7つの習慣...

今年の当ブログ総合アクセスランキング 1位は「7インチタブレッ...

今年も本日で終わりとなりました。 多くの方々に当ブログに訪問頂きまして、誠にありがとうございました。今年1年の振り返りとして、当ブログにアクセス頂きました全記事の中から総合ランキン...

【オススメ】2012年間ビジネス書ベストセラー

◆『年間ランキング』 by amazon( 2011年12月1日〜2012年11月30日)アマゾンでのビジネス書の年間ベストセラーの発表です。ベスト10には、超ロングセラーものが昨年と同様に並んでいます。...

年末年始に自分の働き方を見直したい人におすすめのビジネス書1...

一昔前までは、一つの会社で定年まで勤めあげることが安定であり、たくさんモノを買って所有することが成功であるというわかりやすい方程式で人生は成り立っていた。 しかし、今やモノは溢れ、...

書籍 MAKERS 21世紀の産業革命が始まる/クリス・アンダーソン(...

MAKERS 21世紀の産業革命が始まる クリス・アンダーソン(著)、関 美和(翻訳) 出版社:NHK出版(2012/10/23)Amazon.co.jp:MAKERS─21世紀の産業革命が始まる  21世紀の産業革命が始まる ...

話題の「kindleストア」が本日スタート!

 アマゾンジャパンは10月24日、日本向けの電子書籍販売サービス「Kindleストア」を10月25日に開設すると発表した。あわせて、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」とタブレット端末「Kindle...

『ワークシフト』(著:リンダ・グラットン)を読んで

 お薦めの本の紹介です。 リンダ・グラットンさんの『ワークシフト』です。ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉(2012/07/28)リンダ・グラットン商品詳細を見...

ワーク・シフト

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉(2012/07/28)リンダ・グラットン商品詳細を見る満足度★★★付箋数:242025年、あなたはどんな働き方をしていますか?今か...

【開催報告】『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン)|名古屋...

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉今日の課題本、『ワーク・シフト』の帯には次の3文が書かれていて、本書のポイントを端的に表していると思います。・「食...

「中国の婚期(20〜39歳)男女人口の変化」中国の男性は、どうす...

先日、「世界及び主要国の人口構成(人口ピラミッド)」の変化を整理しました。 今回は、「総人口に対する男性人口の割合変化」を確認し、特に「中国の婚期(20〜39歳)男女人口の変化」につい...

読書日記375:ワーク・シフト ー 孤独と貧困から自由になる働き...

タイトル:ワーク・シフト ー 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉作者:リンダ・グラットン (著), 池村 千秋 (翻訳) 出版元:プレジデント社 その他:あらすじ------------------...

「主要国の平均寿命と高齢化の推移」世界的に高齢化が進む中、高...

今回は、前半で「主要国の平均寿命」、後半で「高齢化」の推移について整理します。 世界的に平均寿命が延び、高齢化が進むことが予測される中、多くの人は「収入がほしい」ために高齢になって...

『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈...

 ⇒『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』    リンダ・グラットン(著)    http://www.bizpnet.com/book/2012/10/workshif.html −−−−−−−−−−−...

次の25件   (1件目〜25件目)
Copyright© 2011 - Booksファインダー All Rights Reserved.